観察種 = アメリカノウゼンカズラ =

画像

                平成 24年 10月 12日、三ッ池公園

  和  名 : アメリカノウゼンカズラ ( アメリカ凌霄花 )

 名の由来 : アメリカ産の ノウゼンカズラの 仲間、の意 ^^

  学  名 : Campsis radicans

  別  名 :

  分  類 : シソ目 ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属

  樹  高 : ツル植物で、ほかのものを 伝って 這い上がります ^^

 花の特徴 : 径 4センチ 弱、細長い ラッパ状で 赤みの 強い オレンジ色の 花が

         咲きます ^^ 数個の 花が 茎の先に 集まって 咲きます ^^ 萼も

         オレンジ色 です ^^

  花  期 : 7~10月頃

 葉の特徴 : 羽状複葉で、小葉は 長さ 3センチ ほど、しずく型で、縁に 粗い

         ギザギザが あります ^^

 観察頻度 : 普通に 見られる

 生息場所 : 公園の花壇、民家の庭先

  分  布 : 北米 原産の 園芸種

  備  考 : ノウゼンカズラは、花径 6センチ 前後で、本種の 2倍くらい あり、筒状の

         部分が 短いです ^^ 花色は オレンジで、本種より 赤みが 少なく、萼が

         黄緑色 です ^^ また、花房が 50センチ くらい あって たくさんの 花が

         つきます ^^ ノウゼンカズラと 本種との 交配種は、両種の 特徴が 混じって

         おります ^^
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック