観察種 = ペニーロイヤルミント =

画像

                   平成 24年 10月 12日、三ッ池公園

  和  名 : メグサハッカ ( 目草薄荷 )

 名の由来 : 『 メグサ 』 は、ハッカの 別名だ そうですが、なぜに それが 名の由来に

         なったのかに ついては 不詳 らしい です ^^;

  学  名 : Mentha pulegium

  別  名 : ペニーロイヤルミント ( 英名 )

  分  類 : シソ目 シソ科 ハッカ属

  草  丈 : ほふく性で、茎の先が 30センチ 前後 立ち上がります ^^

 花の特徴 : 薄紫の ミクロな 唇形花が 葉脇に 集まって 咲きます ^^

  花  期 : 7~10月頃

 葉の特徴 : ぽってり唇型で、長さ 3センチ 前後、対生です ^^

 観察頻度 : 上の画像を 撮影したとき のみの 観察です ^^;

 生息場所 : 公園の花壇

  分  布 : ヨーロッパ 原産の 園芸種

  備  考 : ミント類は 交雑しやすい 植物です ので、上の画像の コも 純粋なものか どうかは

         正直 わからない です ^^; 交配種でしたら 済みません です ^^; ハーツペニー

         ロイヤルミント ( 未観察 ) は、立ち上がる 草姿で、葉の幅が 細く、茎と それほど

         変わらない くらいの ようです ^^ そのほかの種は、茎の先にも 花穂が 出るよう

         ですが、本種は 葉脇に こびりついて 咲く のみの ようです ^^
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック