観察種 = ラバンジン =

画像

                平成 24年 7月 3日、馬場花木園

  名  称 : ラバンジン ( 英名 )

 名の由来 : 調べても よく わかりません でしたが、-in(e) という 接尾辞には 『 ~に 属する

         もの 』、 『 ~に 似たようなもの 』 という 意味が あります ので、和名で いう

         ところの 『 ~モドキ 』、 要するに 『 ラベンダーモドキ 』 という ような 意味合い

         かも しれない です ^^;

  学  名 : Lavandula x intermedia

  別  名 :

  分  類 : シソ目 シソ科 ラベンダー属

  樹  高 : 70センチ 前後

 花の特徴 : 径 5ミリ ほど、青紫色の 5裂花で、茎の先に 棒状の 穂になって 咲きます ^^

         花色は 淡いものが 多い ようですが、イングリッシュラベンダー 並みに 濃い

         色の 品種も ある みたい です ^^

  花  期 : 6~7月頃

 葉の特徴 : 長さ 4センチ 前後、幅が 狭い 唇型っぽい 形で、毛が 生えており、白っぽく

         見えます ^^ 株元に 多く、花茎には あまり 葉が ないです ^^

 観察頻度 : 時々見られる

 生息場所 : 公園の花壇 など

  分  布 : 地中海地方 原産の 園芸種

  備  考 : 本種は、イングリッシュラベンダーと スパイクラベンダーの 交配種だ そうです ^^

         全草に スーッとする 香りが あります ^^ イングリッシュラベンダーは、花穂が

         3センチ 前後と 短く、甘い香りが する ようです ^^ スパイクラベンダーは、花茎の

         ほとんどが 先のほうで 3分岐する ようです ^^ ラベンダー・デンタータは、葉の縁に

         ギザギザが あります ^^ フレンチラベンダーは、 穂先に ウサギの耳の ような

         苞葉が 立ち上がって おります ^^
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック