観察種 = ネペタ・ファーセニー =

画像

                平成 24年 7月 3日、馬場花木園

  名  称 : ネペタ・ファーセニー ( 学名 )

 名の由来 : 『 ネペタ 』 は、イタリアの ある都市の 古名だ そうですが、なぜ その都市の 名が

         転用されたのかは 調べても わかりません でした ^^; 『 ファーセニー 』 は、

         オランダの 園芸家の 『 ファセン 』 という 人が 由来だ そうです ^^

  学  名 : Nepeta ×faassenii

  別  名 : ブルーキャットミント ( 英名 : グループ名 )

  分  類 : シソ目 シソ科 ネペタ属

  草  丈 : 30 ~ 100センチ くらい

 花の特徴 : 径 1センチ ほどの 唇形花で、淡い 青紫の 花色 です ^^ 唇形花の 下の

         裂片が 丸っこく、紫っぽい 斑が 入ります ^^

  花  期 : 6~10月頃

 葉の特徴 : 長さ 3センチ 前後、角の円い 三角形で、表面が ボコボコした 感じです ^^

         縁に ギザギザが あります ^^ ミントの ような いい香り です ^^ 毛が 生えて

         おり、少し 白っぽく 見えます ^^

 観察頻度 : 馬場花木園に あるもの のみ 把握して おりますが、普通種 らしい です ^^;

 生息場所 : 公園の花壇 など

  分  布 : ヨーロッパで 作出された 園芸種

  備  考 : ラセモーサ種と ネペテラ種の 交雑から 生まれた そうです ^^ カタリナ種は、

         花が 小さく 白っぽい です ^^ ラセモーサ種は、花色が 青紫で 濃く、葉は

         緑色です ^^ ネルボーサ種は、花穂が より短くて 花の 咲き方が 密です ^^

         どれも 未観察 です ^^;
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック