観察種 = モナルダ =

画像

               草姿、平成 24年 6月 29日、菊名町公園

  名  称 : モナルダ ( 学名 )

 名の由来 : スペインの 植物学者に 『 モナルデス 』 という 人が おり、その人に 献名

         されたのが 由来の ようです ^^

  学  名 : Monarda × hybrida

  別  名 : ベルガモット ( 英名 )、 タイマツバナ ( 松明花 : ディディマ種 )、 ヤグルマ

         ハッカ ( 矢車薄荷 : フィスツローサ種 )

  分  類 : シソ目 シソ科 モナルダ属

  草  丈 : 70センチ 前後

 花の特徴 : 茎の先に 径 3センチ ほどの 花穂が 出て、そこに 長さ 3センチ くらいの

         唇形花が 集まって 咲きます ^^ 花色は、赤、ピンク、白、紫 など ^^

  花  期 : 6~8月頃

 葉の特徴 : 長さ 5センチ ほど、角の円い 三角形で、縁に ギザギザが あります ^^

         対生です ^^

 観察頻度 : 時々見られる

 生息場所 : 公園の花壇 など

  分  布 : 北米 原産の 園芸種

  備  考 : ディディマ種は、花色が 赤で、穂に まんべんなく 花が つく ようです ^^

         フィツスローサ種は、花色が 薄紫で、穂の 周辺部に 花が つく ようです ^^

         シトリオドラ種は、紫の 花が 葉脇ごとに 輪生する ようです ^^ 原種は

         20種 ほど あり、交配された ものも 多い そうです ^^;

画像

               花、平成 24年 7月 10日、三ッ池公園
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック