観察種 = コミノネズミモチ =

画像

                   花、平成 24年 6月13日、新横浜公園

  和  名 : コミノネズミモチ ( 小実の鼠黐 )

 名の由来 : 実が 小さい ネズミモチの 仲間、の意 ^^

  学  名 : Ligustrum sinense

  別  名 : チャイニーズプリベット ( 英名 )、 セイヨウイボタ ( 西洋水蝋 :流通名、誤用 )

  分  類 : シソ目 モクセイ科 イボタノキ属

  樹  高 : 5メートル 前後に なる そうですが、1.5メートル くらい までの もの しか 見た

         ことが ないです ^^;

 花の特徴 : 径 5ミリ ほど、白い 4弁花で、枝先に 穂になって 咲きます ^^

  花  期 : 6月頃

 葉の特徴 : 長さ 4センチ 前後、ぽってり唇型 ~ 楕円形で、対生します ^^ 白い斑が 入る

         ものも あります ^^

 観察頻度 : よく 見られる

 生息場所 : 公園の生垣、民家の庭先

  分  布 : 中国 原産の 園芸種

  備  考 : 調べてみるまで、本種を セイヨウイボタ というのかと 思って いました ^^; 学名で

         検索した ところ、葉先の とがっている、より 幅の細い 葉に、テカテカした 黒い実が

         なる 別種が 出てきて あせりました ^^; 本物の セイヨウイボタは、日本には あまり

         入っていない そうです ^^; 在来の イボタノキは、葯 ( おしべの 先の 花粉の 出る

         ところ ) が 黄色 ですが、本種は 紫です ^^ また、本種の 実は 光沢が ないです ^^

画像

                   実、平成 24年12月 9日、新横浜公園
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック