観察種 = ジギタリス =

画像

                    平成 24年 6月 5日、三ッ池公園

  和  名 : キツネノテブクロ ( 狐の手袋 )

 名の由来 : 英名の 直訳だ そうですが、花の形から 想像された 名前かと 思われます ^^ また、

         『 キツネ 』、 『 カラス 』、 『 スズメ 』 などは 大概 小さなものに つけられる ようです ^^

  学  名 : Digitalis purpurea

  別  名 : ジギタリス ( 学名 )

  分  類 : シソ目 オオバコ科 ジギタリス属

  草  丈 : 1.2メートル 前後

 花の特徴 : 径 3センチ ほどの 大きな 唇形花で、50センチ 前後の 縦長の穂を 茎の 先に

         形成します ^^ 花は 紫色で、濃い色の 斑が ポツポツと 花びらに 入ります ^^

  花  期 : 5~7月頃

 葉の特徴 : ロウソクの炎型 ~ しずく型で、長さ 20センチ 前後、毛が 生えており、コンフリーに

         似ている ため、誤食の 危険が ある そうです ゜゜; 本種は 心停止する ほどの 毒が

         あります ので、ご注意 ください ゜゜;

 観察頻度 : 普通に 見られる

 生息場所 : 公園の花壇、民家の庭先

  分  布 : ヨーロッパ 原産の 園芸種

  備  考 : ルテア種との 交配により、花色に 変化を 持たせた 園芸品種も ある そうです ^^

         また、グランディフローラ種との 交配種を フルヴァ種と いい、濃い ピンク色で、

         斑のない 花を 咲かせる そうです ^^
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック