観察種 = ペンステモン =

画像

                    平成 24年 5月 30日、菊名町公園

  名  称 : ペンステモン ( 学名 )

 名の由来 : 『 ペンテ 』 は 『 5 』 を、 『 ステモン 』 は 『 おしべ 』 を 表し、おしべのような

         ものが 5本 ある ことを 示している そうです ^^

  学  名 : Penstemon spp.

  別  名 : ツリガネヤナギ ( 釣り鐘柳 )

  分  類 : シソ目 オオバコ科 イワブクロ属

  草  丈 : 50センチ 前後

 花の特徴 : 長さ 1.5センチ 前後の 唇形花で、茎の先に 縦長の 穂を 出して 咲きます ^^

         花色は、白、薄紫、ピンク、赤 など です ^^

  花  期 : 6~9月頃

 葉の特徴 : 長さ 7センチ 前後、細長い 三角形っぽい 形で、根元は 茎を 抱きます ^^

 観察頻度 : このとき 初めて 見ましたが、特に 欧米では 名の知れた 園芸種だ とか ^^

 生息場所 : 公園の花壇 など

  分  布 : 北中米 原産の 園芸種

  備  考 : 原種は 200種を 超える ようです ^^; そのうち、園芸上 重要なのは、

         コバエア種と ハルトウェルギイ種で、両種の 交配種が 数多くの 園芸品種の

         元に なっている らしい です ^^
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック