観察種 = ネズミモチ =

画像

                実、平成 24年12月 2日、師岡 熊野神社 市民の森

  和  名 : ネズミモチ ( 鼠黐 )

 名の由来 : ネズミの 糞に 似た 実が なる モチノキの 仲間、の意だ そうです ^^;

  学  名 : Ligustrum japonicum

  別  名 :

  分  類 : シソ目 モクセイ科 イボタノキ属

  樹  高 : 5メートル 前後

 花の特徴 : ミクロな 白い 4裂花で、枝先に 穂になって 咲きます ^^

  花  期 : 6月頃

 葉の特徴 : 長さ 5センチ 前後、しずく型 ~ ぽってり唇型で、厚みが あります ^^

 観察頻度 : よく 見られる

 生息場所 : 林縁 など

  分  布 : 中部 以南 原産の 園芸種

  備  考 : トウネズミモチは、葉が より薄く、葉裏から 空を 見上げると 葉脈が キレイに 透けて

         見えますが、本種は ほぼ 見えない です ^^ また、実が 丸っこい トウネズミモチに

         比して、本種は 楕円形 です ^^

画像

               花、平成 24年 5月 29日、師岡 熊野神社 市民の森
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック