観察種 = カワヂシャ =

画像

               平成 24年 5月 13日、鶴見川 ・新羽橋 下流 ( 左岸 )

  和  名 : カワヂシャ ( 川萵苣 )

 名の由来 : 川に 生える、レタスに 似て 茎を 切ると 白い 乳液が 出る 植物、の意だとか ^^

         『 チシャ 』 は、レタスの 日本名で、『 乳草 ( ちちくさ ) 』 が 転訛した そうです ^^

  学  名 : Veronica undulata

  別  名 :

  分  類 : シソ目 オオバコ科 クワガタソウ属

  草  丈 : 70センチ 前後

 花の特徴 : 径 5ミリ ほどの 白っぽい 4弁花で、花の形は 同属の オオイヌノフグリ などに

         似ています ^^ 

  花  期 : 4~6月頃

 葉の特徴 : 長さ 5センチ 前後、細い 二等辺三角形っぽい 形で、縁に ギザギザが 入ります ^^

 観察頻度 : 普通に 見られる

 生息場所 : 水辺

  分  布 : 東北 以南

  備  考 : オオカワヂシャは、花の径が 1センチ 弱で、青紫色 です ^^
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック