観察種 = ハゴロモジャスミン =

画像

                   平成 24年 5月 6日、鶴見川樽町公園

  和  名 : ハゴロモジャスミン ( 羽衣ジャスミン )

 名の由来 : 白い花を 羽衣に 見立てた 名前 らしい です ^^ 『 ジャスミン 』 は、 ペルシャ語の

         『 ヤースミーン 』 から きており、 『 神からの 贈り物 』 の 意だ とか ^^

  学  名 : Jasminum polyanthum

  別  名 :

  分  類 : シソ目 モクセイ科 ソケイ属

  樹  高 : ツル植物で、ほかのものを 伝って 這い上がります ^^

 花の特徴 : 径 2センチ 前後、花びらの 外側が 赤紫で 内側が 白い 5弁花を 咲かせます ^^

         少し クセのある いい香りが あり、開花期は かなり 離れた ところから でも その

         存在に 気付くことが できます ^^

  花  期 : 5月頃

 葉の特徴 : 羽状複葉で、小葉は 長さ 3センチ 前後、ロウソクの炎型で、褐色みを 帯びている

         ことが 多いです ^^

 観察頻度 : よく 見られる

 生息場所 : 公園の花壇、民家の庭先

  分  布 : 中国 原産の 園芸種

  備  考 : ソケイや マツリカ ( どちらも 未観察 ) は、葉が 丸っこい です ^^
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック