観察種 = ムラサキサギゴケ =

画像

                     平成 25年 5月 1日、三ッ池公園

  和  名 : ムラサキサギゴケ ( 紫鷺苔 )

 名の由来 : 花色が 紫で、花姿が サギの 飛翔形に 似ている、コケのような 草姿の

         植物、の意 ^^

  学  名 : Mazus miquelii

  別  名 : サギゴケ ( 鷺苔 )

  分  類 : シソ目 ハエドクソウ科 サギゴケ属

  草  丈 : 5センチ 前後の ほふく性 です ^^

 花の特徴 : 長さ 2センチ ほどの 唇形花で、花色は 淡めの紫 ~ 紫 です ^^

  花  期 : 4~6月頃

 葉の特徴 : 長さ 4センチ 前後、細めの 逆しずく型で、縁に ギザギザが あります ^^

 観察頻度 : 時々見られる

 生息場所 : 田んぼの畦 などの 湿った 日当たりの よい 場所

  分  布 : 東北 以南

  備  考 : 植物観察を 始めて、まもなく 直面する 壁の ひとつが 本種と トキワハゼの 判別

         です ^^; 自宅 周辺に 生えているのは どちらなのか? と ^^; 本種は、田んぼや

         河川敷 など 湿った 場所に 地面を 覆って 群生し、春に のみ 花を 咲かせる 野草

         らしい 野草 です ^^ 季節を 問わず、市街地の コンクリの 間に 生えるのは まず

         間違い なく トキワハゼの ほうです ^^ ただ、上の 画像の コは 公園の 植え込み

         近くの 地面に 生えて いました ^^; どうやら 土に 混じって、種が 運ばれてきた

         ようです ^^; 時には グランドカバー として 園芸的に 利用される ことも ある とか ^^;

         特徴 としては、花の 大きさが 本種は 2センチ ほど、トキワハゼは 1センチ ほどで

         半分 くらい です ^^ また、唇形花の 浅く 3裂する 下唇の 両側の 裂片は、本種では

         しずく型っぽい ですが、トキワハゼでは 角の丸い 台形 である ことが 多いです ^^

         サギゴケは、本種の 白花 ですが、分けない ことも ある ようです ^^
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック